破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜOracleMasterか? 

データベースには色々種類があります

Oracle、SQL Server、DB2。。以下略

でも、なぜOracleのシェアが高いのか?

なぜOracleMasterのGold、Plutinumは評価が高いのか?

これは自分の個人的な意見なんですが、

OracleはWindowsはもちろん、Unixでも動作します
それと、唯一のRDBMS
(OracleMaster勉強した人なら知ってますね)


でも、Oracleと並ぶSQL ServerはWindowsのみ


じゃあ、DB2は?
DB2は、まだ初心者が学習できるツール、研修、書籍が十分揃っていない

誰だって最初は初心者ですからね


では、PostgreSQLは?
無償で入手できるデータベースとして魅力がありますが、
セキュリティ面などでやはり問題があります


Accessはどう?
容量が乏しいので、小さなオフィス管理など向け
小規模なところでは問題ないです



あしゅの場合、初めて触ったデータベースがAccessでした
第一印象は、とても使いやすく初心者の自分でも分かりやすい!

次に触ったのが、Oracle10g
第一印象は、なに?この分かりにくいもの、でした
名前は聞いたことがあったので、ワクワクしていたのですが挫折しかけました
Accessに戻りたい、Access使えればいいんじゃないの?とか、逃げてました
そんな時、でもデータベースって一体何だろう?具体的に説明できる?
そんな事を考えだして、本を読んだり、ネットで調べたりなどしました
その結果、分かったのが、

この使いにくいOracleデータベースは、実はすごかった

↑当時は本気でそう思ってましたw


それから、OracleMasterの存在も知り、現在に至ったわけです

あれ?データベースの評価から自分の話になってました

すいません、

自重します
[ 2007/07/27 15:30 ] OracleMaster | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。