破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒字なのに倒産 

ある日、自分が投資をしていた企業が倒産したとします

その企業の損益計算書を見る限りは、黒字で経営状況に問題はありませんでした

では、なぜ黒字のはずが倒産したのでしょうか?

理由は以下になります ・当月支出 > 前月繰越高+当月収入


簡単な例を示すと、

現金70円を持っている状態で、商品を100円で掛で販売しました。

売上100円、原料費50円、当月の銀行への借入金返済30円とします

売上100円(買掛金)-原料費50円-借入金返済30円=利益20円


商品Aは掛で販売したので、売掛金の回収は来月になります

現金残高20円+(買掛金の回収後の利益20円)


今月末には、銀行からの借入金30円を返済しなければいけませんが、

売掛金が未回収のため、現金が20円しかないので返済ができません

この場合、「不渡り」となり倒産の危険性があります


上記の場面では、※限界利益50円+現金残高20円>借入金返済30円

※限界利益=売上-変動費(原料費)


借金の返済額を超えていますし、※利益は20円で黒字なのですが、

※利益=限界利益-固定費(借入金返済)


資金繰りのタイミングが合わず

借入金返済30円>現金20円となり、10円の運転資金不足に陥ります


この状況を黒字倒産と言い、資産と負債の関係を表す貸借対照表から

計算する事で、資金繰りに問題が発生しているかなどがわかります


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2009/07/28 12:45 ] 金融系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。