破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

固定費、変動費、損益分岐点 

企業が利益を生み出す場合、まず考えなければいけないのが、商品に掛かる費用
この費用と利益のバランスがとても重要なので、必ず覚えてください


固定費

内容:売上に関係なく、一定額発生する費用の事。
例を挙げると、減価償却費、人件費、家賃、銀行からの借入金の
返済も固定費に含まれる。


変動費

内容:売上、操業度に比例して増加する費用の事。
原材料費、商品仕入れなどが含まれる。


損益分岐点

内容:限界利益(売上高-変動費)と固定費の額が等しくなる売上高のこと。
販売数量が損益分岐点以下であれば損失が生じ、損益分岐点以上であれば
利益が生じる売上高のこと。
企業は、設立当初は 経費>売上 で赤字の事がほとんどだが、次第に損益分岐点を超えて
売上>経費 になり、その状態を『仕事が軌道に乗った』と一般的に言う。

損益分岐点売上高=固定費÷(1-変動比率)
変動比率=変動費÷売上高


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2009/07/24 10:22 ] 金融系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。