破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ケンブリッジ英語検定 

私のプロフィールのとこに取得した資格が書いてありますが

その中のCambridge大学英語検定について説明します

この英語検定は、イギリスのケンブリッジ大学主催の英語能力検定試験です

レベルは、5段階あります

Certificate of Proficiency in English (CPE)

Certificate in Advanced English (CAE)

First Certificate in English (FCE)

Preliminary English Test (PET)

Key English Test(KET)
上のCPEが一番難易度が高く、KETが一番簡単です

私が取得したのはその中間のFCEです

日本ではケンブリッジ英語検定の知名度が悲しい事にとても低い為

それってどれくらいのレベルなの?と聞かれます

日本で有名な試験のTOEICと比較するとこんな感じです

CPE → 990点

CAE → 900点

FCE → 750点



ケンブリッジ英語検定は、ヨーロッパ、オセアニアでは知名度が非常に高く

逆にアメリカ主催のTOEICは、そちらの地域で知名度が非常に低いです


このケンブリッジ検定は、英検やTOEICよりも試験科目が多く

①Reading 1時間(小説やノンフィクション、ジャーナル、新聞記事、雑誌等より出題。)

②Listening 約40分(インタビューや討論、講義、会話等から出題される。)

③Speaking 約14分(受験者は2人1組でスピーキングを行う。)

④Writing 1時間20分(手紙、記事、レポートなどのライティング力が問われる。)

⑤Use of English 45分(語彙・語法問題。誤文訂正問題等。)

の5つの構成になっています


ケンブリッジ検定の勉強は、TOEICの点数取得の為の勉強とは違い

総合的に英語能力の底上げをする事ができ、ビジネス英会話能力も身に付くので

とてもお薦め試験です

ですが、日本での知名度が非常に低いので、ヨーロッパ、オセアニアで進学、就職をする方

でなければ、頑張って取得する資格ではありません


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2009/07/02 14:25 ] TOIEC、英検、留学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。