破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

頭で話す英語、感覚で話す英語 

あなたは英語を話す時、どうやって話しますか?


話したい文章構成を考える → 文法を考える → 話す


おそらく、このパターンが多いでしょう

実はこれが英語が自然に話せない、大きな落とし穴なんです

知ってる方もいるかもしれませんが、ヨーロッパの人達は英語の上達が早いです

確かに、ヨーロッパ言語と英語はラテン語からの派生言語なので似てはいますが

それよりも大きな違いがあります 失敗を恐れないで、文法を考えないで話す

文法考えないで話したら、文章滅茶苦茶じゃん!ってツッコミが入りますよね

そうです、英語初心者の人だとはっきり言って意味が分かりません。笑

なのですが、失敗を恐れないで、話すという事が上達に繋がっているんです


あなたが日本語が話せるようになったのは、小さい頃から日本語を聞いていたからですね

そして、片言ながら日本語を少しずつ覚えていったからですね

読み書きなんて、喋れるようになってからじゃないですか?

日本語も英語も覚える方法は同じです


とにかく英語で話す事が一番の上達方法なんです

文法ばかりを考えて喋る機会が少ないよりは、話す方が上達します

まずは、失敗を恐れないで話す事が一番です

話す機会が多くなれば、頭で文章を組み立てなくても簡単な事なら感覚的に話せるようになります

頭で話す英語から、感覚で話す英語に切り替えていきましょう

私はこういう方法で、頭で話す英語から感覚で話す英語に切り替えれました


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2009/07/02 10:38 ] TOIEC、英検、留学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。