破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダイレクトパスインサート 

パラレル実行と同じヒント文を使用したコマンドには

他にも、ダイレクトパスインサートがあります

コマンドはとても簡単 INSERT /*+ APPEND */ INTO テーブル名

とても便利で超高速なインサートが可能になるので、100万件くらいでも割と苦になりません

ただ、その反面デメリットも以下のようにあります

①テーブル(またはパーティション)が排他ロックされる。
②HWM(ハイウォータマーク)の後ろの連続領域にデータが入る。
③ インデックスの再構築などにより、多くの一時表領域を消費する。(多重化するとさらに多く必要になる)
④VALUES句は使用できない。
(INSER INTO ~ SELECT ~文でのみ使用可能:SQL-Loader ユーティリティでも可能


とは言いつつ、とても使い勝手が良いので普段の業務で多用させてもらってます


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2009/05/25 22:49 ] OracleTips | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。