破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新資格誕生 

Goldが合格して書くネタがなくなったので。。

これからは、Oracle Masterに関する最新情報をお届けします

今回は新資格について Oracle公式ページでも確認できますが、10月末から正式認定のパスになる

定番の要履修コースも始まるようです


ORACLE MASTER Expertプログラム


この内容としては2種類あり、

Real Application Clusters Administrator Certified Expert

Oracle Real Application Clusters(RAC)を扱うスキルを認定する資格


もうひとつは予定段階らしいですが、名称は

Managing Oracle on Linux Certified Expert

Linux上でのOracleを扱うスキルを認定する資格のようですね


ちなみに、この資格へのパスは、

Gold認定者の場合は、試験合格すればそのまま認定を受けれるようです

それ以外の場合は、必須コースを受講して試験合格で認定を受けられます

必須コースは2種類あり、そのうち1コースを選択できます

Oracle Database 10g Real Application Clusters 構築と運用

Oracle Database 10g Release 2 RAC 構築と運用


価格と受講期間はどちらも同じです

価格 34万6500円

期間 5日間


この資格の位置づけとしては、

SilverとGoldの中間ではなく、専門性を計る分野

だと思います

なので、今のところの発表では9iから10gへのバージョンアップの際に起こったような

資格位置のワンランク下げみたいな事は起こらなさそうです


ですが。。この資格、きっと人気は出ないと思います

Goldの認定を受けた人にとっては、1科目の試験代で認定を受けれますが

そうでない人にとっては、36万くらいしますからね

ぼったくりもいいとこでしょう

でも、LinuxOSでのOracleの扱い方はとても勉強になると思うので

試験は受けずに黒本だけ買って勉強、というのもスキルアップにはいいですね

自分は黒本買って勉強だけする予定です


この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
[ 2007/09/28 10:25 ] OracleMaster | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。