破壊神のび太

たまにタイトルが変わるブログ
月別アーカイブ  [ 2009年12月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FlashBackDropコマンド 

テーブル、インデックスをDropした場合、Purgeしない限りは

一時的にrecyclebin(ゴミ箱)に格納される

(注意:Oracle 10gからサポート)

もし、誤ってDropしてしまった際に戻す場合などに有効

--リサイクルビンの中身を表示
SELECT object_name --FLASH BACKに指定するオブジェクト名
,original_name --ドロップ前のオブジェクト名
,type --オブジェクトタイプ(テーブル、インデックスなど)
FROM recyclebin;

--オブジェクト名を指定して、FlashBack
flashback table "object_name" to before drop;

この記事が参考になった、という方は、
↓をクリックで、応援お願いします!
スポンサーサイト
[ 2009/12/24 10:30 ] OracleTips | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。